子どもが喜ぶ家事のお手伝い!やる気を引き出す工夫

子供のやる気を出させてお手伝いしてもらおう

子供にお手伝いさせるときの親の心構え

そもそも、子供にお手伝いをしてもらうことはどんなメリットがあるのでしょうか。 親がやった方が早いようなことも確かにありますが、あえて子供にさせるのには、様々なメリットがあるからなのです。 このページでは、子供にお手伝いをしてもらうメリットについてご紹介していきます。

子供にお手伝いしてもらうことのメリットは?

多くの親が悩むのは、子供のお手伝いについてではないでしょうか。
子供に手伝いをさせるさせない、という議論が少し前にありました。
確かに、机上の勉強には必要のないことかもしれません。
しかし、もしもその子が独り立ちしたら、親が今までやっていた家事を全て自分でやることになったとき、何も出来ず勉強どころではなくなってしまいます。
だから、できれば家事は手伝わせた方が良いのではないかと思います。

とはいっても、なかなか進んでお手伝いをしてくれる子供は少ないもの。
子供の頃、お手伝いしてと言われて「えー」といった記憶がある方は少なくないのではないでしょうか。

親は、ちょっとした心構えをして子供にお手伝いを頼まなければなりません。
子供にお手伝いをさせないという方が挙げる理由として、自分がしたほうが早いから、または危なっかしいから、というのがあります。
確かにそうかもしれません。
しかし、いくつになっても人は失敗から学ぶものです。
最初は誰でも失敗するもの、だから叱るのではなく教える、考えさせることが大切なのです。
子供がもし手伝いたいと言ってきてくれたのであれば、できるだけ手伝わせてあげた方がいいですし、少し時間のかかるものでも手伝ってもらうようにしてみましょう。

子供が手伝ってくれているときは、親がダラダラするというようなことはないようにしなくてはなりません。
子供は、自分ばかりがやらされていると感じ、お手伝いに対して消極的になってしまいます。

子供が自主的にお手伝いをしてくれるような工夫も大切です。
お小遣いをあげる、お菓子などを買ってあげるといったご褒美や、ゲーム感覚でできるような工夫をしてあげると、子供もおもしろくなって楽しくお手伝いができるようになります。

このサイトでは、子供にお手伝いをしてもらうための工夫や、できるお手伝いをご紹介していきます。

幼児でもできるお手伝い

幼稚園や保育園の園児にも、できるお手伝いは意外とあります。 上手に工夫し、やる気を引き出してあげれば、どんどん手伝ってくれるようになります。 このページでは、幼児期でもできるお手伝いと、それをしてもらうためにできる工夫についてご紹介していきます。

小学生にお手伝いしてもらうなら工夫しよう

小学生になると、友達と遊んだり宿題があったりと、することが多く自分の時間がないために、お手伝いを面倒くさがるようになることが多いですよね。 しかしできることの増えた小学生だからこそ、工夫次第ではお手伝いを習慣化して行ってくれるかもしれません。 このページで、お手伝いの内容とその工夫をご紹介していきます。